アクセスカウンタ

木らく木ままに〜埼玉県寄居町の山の麓の設計事務所

プロフィール

ブログ名
木らく木ままに〜埼玉県寄居町の山の麓の設計事務所
ブログ紹介
〒369-1202 埼玉県大里郡寄居町桜沢727
1級建築士設計事務所 KIJIMA建築工房 

木島浩
1963.3.28生/血液B型/趣味・焚き火、犬の散歩
国産材・自然素材を活用した住まいの設計を手掛けています
薪を集めて薪を割って薪を乾燥させては薪を燃やして、四季折々の薪ストーブライフを楽しんでいます

zoom RSS

台風がきています

2016/08/22 12:08
お盆が終わり、甲子園が終わり、オリンピックが終わり、夏の大きな行事が一気に終わったと思ったら、今度は台風が来ています。

朝、犬の散歩の時には雨は降っていませんでしたが、7時頃から本降りとなり、今お昼ですが、急に風も強くなってきました。まだこれからが台風の本番のようです。

今年の夏は、極端に暑い日があり、極端に涼しい日があり、極端に雨が多い日があり、変動が激しかったように思います。
台風は、激しいことなく穏やかに?過ぎ去ってくれることを祈ります。

画像


にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


渋滞の先頭2

2016/08/16 07:24
一般道の信号待ちで車が連なって止まっています。
通常、信号が青に変わると先頭車から順に進んでいきます。前の車が進んでからそれに合わせて後ろの車が進みます。これだと、例えば先頭車から10台後ろの車は青信号に変わってから発進するまで先頭の方の車とタイムラグが生じ何秒かスタートが遅れ、そのことは渋滞の要因の一つになっているのではないかと思います。

なので、信号待ちで並び止まっている全ての車は、レースのスタートのように青信号に変わった瞬間に同時にスタートするようにしたらどうでしょうか。この方法だと、先頭車でも10台後ろでも20台後ろでも全ての車が同時に進めます。理論的には同時進行であれば追突することもありません。

信号待ちに命をかけた緊張感を伴うことにはなりますが、渋滞解消の一つの手立てになりそうな?

画像



にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


渋滞の先頭

2016/08/15 19:37
渋滞の先頭ってどうなってるんだろう?

長年にわたるその疑問が解けました。
お盆休み真っ最中の8月14日(日)、高速道路走行中に何とも不思議なその渋滞の先頭を見ることができました。

車に妻と子供を乗せて家を出て、関越道花園ICを入って上り(練馬)方面へ向かいました。花園から東松山あたりにかけては、上り車線も下り車線も交通量はほぼ同じくらい、どちらも渋滞はなく良い感じにスムーズに流れていました。

実は偶然に数日前のTV番組で、関越道下り車線「坂戸西スマートIC」付近での渋滞現象が紹介されているのを見ていたので(内容は、その場所はほとんど気が付かないくらいの緩い登り勾配になっており、知らずのうちに先頭を走る車の速度が自然に落ち、それに続く車も自然に速度が落ち、前の車の速度が落ちることで後の車はだんだんブレーキを踏むようになり、その連鎖反応が続くとやがて後続車の方で渋滞が起こり始めるというものです)、今日あたりはどうなんだろう?と思いながら坂戸西スマートIC付近を走っていたところ、ナント!番組で紹介されていた通りの現象が起こっていました。

僕が走行している上りは渋滞はなくずっとスムーズに流れています。下りの反対車線を見ると、そちらも渋滞はなくスムーズに流れていたのですが、ちょうど坂戸西スマートIC付近のところで急に車が増えたかのように車間距離が縮まっていくのが目に見えてわかり、あれよあれよという間に車が数珠つなぎになっていき、数キロ後の後続車の方では完全に渋滞が出来上がっていました。そこからそのまま所沢あたりまで渋滞は続いていました。

車線が減ってとか、何か障害物があってとかなら道理としてわかりますが、そのような通行を妨げるようなモノは何もなくて、ただ単に走行していた車の速度が少し落ちていっただけの連鎖反応で生まれる、本当の自然渋滞でした。

これが渋滞の先頭というものだったのか。。それはとても不思議な感じでした。。

画像


にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


屋根に薪ストーブライフが見えてきました

2016/08/11 12:04
岡山県津山市の家

ガルバリウム鋼板瓦棒葺きの屋根が葺き上がりました。
雨が凌げるようになると一安心です。

屋根上左側に出ているのは薪ストーブチムニー、右側の越屋根はロフトへの採光換気窓でもあり、煙突掃除における屋根出入り口にもなっています。屋根勾配は1寸5分と緩く、施主Iさんが容易に屋根に上がれて容易に煙突掃除が出来るようにしています。

一般に薪ストーブというと機種本体選びだけに関心が向きがちですが、『薪ストーブライフ』を設計する時、防火対策、薪の運搬経路、断熱二重煙突、煙突経路、それと何と言っても煙突掃除の方法を確立させておくのが重要です。

画像


にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


岡山県津山市の家〜上棟となりました

2016/07/29 16:52
岡山県津山市の家

先日27日(水)予定通りに上棟を迎えることが出来ました。
上棟に向けて、事前の打合せ確認、現場の作業は完璧(!?)でしたので、唯一心配だったのは天候だけで、その天候も上棟の数日前には梅雨明けとなり天気にも恵まれました。

今回の岡山行きは一泊二日で、一日目はお昼過ぎに現場に着いて夕方に上棟式、夜は津山市内に泊まり、翌日は朝一番からお昼まで、大工、電気、板金、建具、薪ストーブ、各職人さんと打合せを行いました。

岡山は、埼玉から遠隔地であり、関東と関西という風土や文化の違いもあり、現場を進めるうえで何か不安要素が出てきそうな気もしていましたが、いざ現場に入ってみるとそういった心配事や違和感は全く無くて、埼玉で仕事をしている状況と何ら変わりがありません。

強いて違いがあるとすれば、、、岡山駅構内で食べたうどんの汁が関西風だったのと、現地の人の会話が津山弁でちょっと聞き取れない部分も時々あったりするくらいのことでしょうか?!

画像


画像


画像


にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


埼玉県〜薪ユーザーによる森林整備活動の募集案内

2016/07/21 06:32
埼玉県のホームページにて、さいたま緑の森博物館での薪ユーザーによる森林整備活動の募集案内があります。
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0508/midorisaisei-top/makiuser.html

今回で3年目の活動(募集)になりますが、過去2年は単発的な試験的試み、そしてその成果から、今年からは継続的な活動に向けて基盤を固めていく意向だそうです。

画像


にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


回転ずしメニュー

2016/07/15 07:56
一人で回転ずしに行ったときのことですが、そこは初めての店で、店内の壁に漢数字で書かれたメニューが大きく掲示してあるのが目に入りました。

白皿 一○○円
青皿 一五○円
金皿 四○○円
といった具合(実際は縦書き)に手書きで書かれていました。

その中にあら汁があったので、頼もうと思いきや値段を見るとナンと一二○○円!
1200円もするあら汁って・・・よっぽど豪華なのか?それともシェア用サイズなのか?

あえて中身を聞くのもちょっとな〜、誰か注文する人いないかな〜、どんなものか見るだけ見てみたいな〜、と少し待ってみましたが誰も注文する人は無し。結局、1200円のあら汁の正体がわからないまま店を後にしました。

それから数日間、何であんな高い値段だったんだろう?どんなあら汁だったんだろう?と気になって気になって仕方ありませんでした。

それでふと思いついたのですが、一二○○円、一二○○円?、あ?一二じゃなくて一と二の間隔が少し離れていた三?、ひょっとして三○○円だったか?きっとそうだ、そう考えるのが自然だし、辻褄も合うし、納得もいきます。

そう思って気持ちがスッキリしてみると、なんかずいぶんつまんないことで悩んじゃったな〜、と自分の小ささを感じてしまいました?

画像


にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

木らく木ままに〜埼玉県寄居町の山の麓の設計事務所/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる