アクセスカウンタ

木らく木ままに〜埼玉県寄居町の山の麓の設計事務所

プロフィール

ブログ名
木らく木ままに〜埼玉県寄居町の山の麓の設計事務所
ブログ紹介
〒369-1202 埼玉県大里郡寄居町桜沢727
1級建築士設計事務所 KIJIMA建築工房 

木島浩
1963.3.28生/血液B型/趣味・焚き火、犬の散歩
国産材・自然素材を活用した住まいの設計を手掛けています
薪を集めて薪を割って薪を乾燥させては薪を燃やして、四季折々の薪ストーブライフを楽しんでいます

zoom RSS

バッテリーチェーンソーの体験会

2017/09/11 13:10
今週16日(土)に八王子(圏央道八王子西ICから車10分のところ)でバッテリーチェーンソーの体験会があります。
店頭で新品を見る機会はあっても、実際に木を切ってみる体験はなかなか出来ないので、興味のある方は面白いのではないかと思います。
↓詳しくはこちらに
http://www.mokuzitusya.jp/?p=1375

実は先日、ちょうど僕もバッテーリーチェーンソーを初めて使ってみたところです。
エンジンに比べれば劣るのも仕方ないか?という先入観で使ってみると、あれ?エンジンとさほど変わりなく切れる!?といったプチ驚き感がありました。少し使い慣れてくると、エンジンもバッテリーも同じような感覚で使えます。

両方を比べてどっちが良いとか悪いとかではなく、両方の特性を知ってみると、使う人、使う用途、使う場面によって適性の選択が一つ広がるのではないかと思います。

昔と比べて、薪ストーブは小型化された機種が増えているし、チェーンソーも大型機種のパワーよりコンパクトで楽に扱える機種に関心が向いてきているのかな?

画像


にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


平成29年度チェーンソー講習会終了

2017/09/11 10:13
8月26日(土)、9月9日(土)、10日(日)と3日間に渡る、森林サポータークラブによる平成29年度チェーンソー講習会が終了しました。

この講習会は毎年1回開催していて、講習生(チェーンソーの扱いは初めての初心者から自己流によるベテラン?の方まで)にはなかなか評判の良いものとなっています。
僕が言うのもナンですが、3日間で、これだけ内容の濃い充実した講習会(あくまでアマチュア向けの講習会です)は他ではあまり無いものと思います。

参考までに概要を言うと

<第1日目>
林材業労災防止協会発行のテキストにより、伐木作業での準備から、受け口、追い口、伐倒方向の基本、又チェーンソー機体を使っての構造、分解、取扱、目立て、点検、整備など、基本を学びます。

画像


画像


<第2日目>
プロの講師の指導により、屋外で実際にチェーンソーを使って、エンジンの掛け方から、安全な作業スタイル、基本の伐り方を学び体験します。

画像


画像


<第3日目>
プロの講師の指導により、屋外で伐木の方法、かかり木の安全な処理方法、玉伐り、枝払いを学び体験します。

画像


画像



以上の3日間が終了すると、伐木等(安衛則36条第8号の2)労働安全衛生特別教育終了証が発行されます。

終了してほとんどの方が言われるのは、初心者の方は「チェーンソーを使う前にいろいろ知ることが出来て良かった」、自己流経験者の方からは「今まで知っていたようで実は何も知らなかったことがわかった」といった感想が多いです。

次回の講習会はまた来年平成30年になります。
もし興味のある方がいらっしゃいましたら、木島か、埼玉森林サポータークラブへお問合せ下さい。
http://shinrin-supporter.org/shinrin/index.html


にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


坂道傾斜度

2017/09/08 15:46
これから着工となるKさんのお宅ですが、家の工事に取り掛かる前に、道路と敷地の造成工事を先に行います。
その道路は坂道なのですが、今現在は幅の狭い未舗装の状態(車は通れない)なので、車が通れるように幅を広げて舗装します。
舗装後の傾斜度はおよそ13度位になる予定です。

13度ってどんな感じかというと、けっこう急な坂です。
普通の乗用車で登れるのか?歩きでさえ登れないんじゃないか?そんな心配をするくらいの感じです。
実際、どの程度登れるのか?登れないのか?それを確かめるために急な坂道を探して実地調査をしてみました。

まず、一般の公道で13度位の坂道を探しましたがそんな急な坂はありません。ここはけっこう急坂だな!?と思えるところでもせいぜい10度位までです。
そこで公道に限らず、造成工事中の作業道、山の中の林道、傾斜地にある民家への進入路等など、目についたところはどこと限らず探し回りました。

結果、一番急な道として斜度18度といった道がありました。
通りから山の中へ入っていく道幅の狭い一応公道のような道で?コンクリート舗装で滑り止めに表面は荒らしたような仕上げになっています。
こんな急坂があるのか?と思うほどの急坂で、さっそく車(普通のファミリーカー)で上ってみたら、斜度があり過ぎで車が後ろにひっくり返るような感覚になり、怖くて途中までしか上がれませんでした。しかし道は上まで続いているのだからここを上って行く車はあるということなのか?

次に斜度17度といった道がありました。
山の斜面を切り開いたような住宅団地の中にある道路(たぶん開発によって造られた道でしょう)で、普通にアスファルト舗装された生活道路です。
道の下から上を見ると、住宅があってその駐車場には車があるので実際車は通っているのでしょう。ここなら何とか上れるだろうと思いながら車で上がってみると、ここでも車が後ろにひっくり返るような感覚になり、怖くて途中までしか上がれませんでした。しかし上がるためには度胸が足りないのか?

その次としては、斜度16度、15度は無くて、14度といった道がありました。
グランドのような広場へ通じる道で、コンクリ―ト舗装されていました。
ここは特にためらうこともなく、ちょっと急な感じはあるけど難なく上がることは出来ました。

以上の実地調査から、通常の感覚で車で上れる斜度の限界は14度、あるいはギリギリ15度位まで?といった感じでしょうか。(車の性能と運転者の感覚にもよるとは思います)
ということでKさん宅の13度、大丈夫そうです。

画像



にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今年の残暑

2017/09/04 20:59
今年の残暑、はあまり厳しくないですね。
たいがいお彼岸位までは夏の暑さも残っているものですが、やはり今年は気候がおかしいのでしょうか。

暑さのために7月8月は休止していた森林保全活動ですが、9月になって活動再開となりました。
活動メンバーと顔を合わせるのも、チェーンソーを使うのも2カ月振り、懐かしいような新鮮なような気持ちです。
この日は、半年前に伐倒してそのままになっていたコナラの片付けを行いました。

今年は夏が短かった分、冬の到来は早まるでしょうか?
気持ち的には、もう薪ストーブの準備に入っています!

画像


にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


モートン病

2017/08/30 14:42
聞きなれない言葉ですが“モートン病”というのがあります。
症状は、足裏の中指(又は薬指)付け根に痛みが出ます。
なので、歩くたびに痛みが伴います。

最初2年位前、右足裏にその痛みを感じ始めて、痛みの原因も理由もわからずどうしたものかと思ってネット検索してみて、モートン病?というものを知りました。
調べてみると、、原因は偏平足や靴との相性であることが多く、治療法は足裏パッドを装着したり足に合う靴を履くことを心掛けたり、改善が見られず痛みが長引く場合は注射や手術の必要もあるとか?恐い事も書かれていました。

自分の場合、偏平足や靴が原因というのは考えられず、かといって他に思い当る節も無く、当初1年程は歩き方を注意したり、それ用の足裏パッドを買って付けてみたりしていました。が、症状の改善は全くなく、かといって症状が酷くなることも無く、地味な痛み?をひたすらこらえていました。

それで1年程前ですが、痛みを何とかしたいと思って接骨院に行って診てもらいました。やはりモートン病ということを言われ、更に、特にこれといった治療法もないということも言われ、ただ、肩こりをほぐすのと同じように痛みのある所をマッサージするのが良いということを聞き、それ以来自分で毎日マッサージを続けてきました。

痛みのある所なのでマッサージをすること自体痛いのですが、それでも5分程ほぐしていると痛た気持ち良いような少し楽になるような感じがあり、マッサージを続けていて痛みがこれ以上ひどくなるようなことは無かったので、その効果を信じて続けること1年、ようやく、やっと最近痛みが無くなってきました。100%完全にとは言い難いですが、95%位の回復でしょうか?先が明るく見えてきました。

以前、やはり同じ右足で“内反小趾(ないはんしょうし、足裏の小指付け根が痛くなるもので今は完全に良くなっています)”というものになったこともありました。

これでさらに“外反母趾(がいはんぼし、これはよく聞きますね)”にでもなったら、右足の指が全滅!?

画像



にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


涼しいお盆でした

2017/08/17 09:37
お盆が終わりました。
毎年お盆の時期は残暑が厳しいものですが、今年はほとんど雨で、肌寒さを感じるくらいの涼しいお盆でした。
涼しいおかげで生活は楽でしたが、その反動が後で出たりするのは困りものですね。

9月以降に着工予定の現場が2件あります。
1件は傾斜地、もう1件は離島。
造成工事、基礎工事と、天候には大きく関わるので、これからの台風シーズンには大雨や突風など、観測史上初とか、数十年ぶりとか、まれにみるとか、そのような気象にはならないことを祈りたいと思います!?

画像


にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


富士山富士宮ルート

2017/08/10 10:29
先週、富士山に行ってきました。
一昨年に生まれて初めて吉田ルートで登り、昨年は御殿場ルートで、そして今年は富士宮ルートで登ってきました。

富士宮ルートは4つある富士登山ルートの内、スタートとなる5合目地点が一番標高が高く山頂までの距離が一番短いルートになっています。(ちなみに、4つの登山ルートにはそれぞれ独自の5合目があって、それぞれ5合目の標高が異なるんですね、ややこしいことに。参考までに、御殿場ルート5合目は標高1450m、須走ルートは2000m、吉田ルートは2300m、富士宮ルートは2400mです)

富士宮ルートは、昨年登った御殿場ルートと比べると・・・体力的にも、精神的にも、かなり楽な感じでした。

御殿場ルートは、『男は黙って御殿場ルート!』と言われる(実際言われているかわかりませんが)くらいの“根性ルート”で、5合目から頂上まで8時間かかりました。しかも5合目をスタートして最初の山小屋に到達するまでが5時間。その間、トイレも休憩場所も何も無いので結構しんどいものでした。しかも足元は深い火山砂利に足が取られ、とても歩きずらく体力が消耗しました。

それと比べて富士宮ルートは、足元はほとんどが岩場であるので登りやすく(歩きやすいとは言えませんが)、又30分〜60分おき位には山小屋があるので何かと気が楽でした。時間的にも5合目から頂上までは5時間で到達。(御殿場ルートだとやっと最初の山小屋に着いたくらいです)

そんな感じで割と余裕で頂上まで行けたので、今回初めて標高3776m地点である剣ヶ峰まで足を延ばすことが出来ました。(過去2回はそこまで行ける気力も体力もありませんでした)

以下、当日の工程を簡単に紹介してみます。

◆3:40自宅を車で出発(高速で関越花園IC〜須走ICまで)
◆6:45水ケ塚駐車場到着(ここでシャトルバスに乗り換え)
◆7:30水ケ塚駐車場出発
◆8:05富士宮5合目駐車場に到着

画像


◆5合目で高度慣らしに少し休憩&富士山保全協力金千円

画像


◆9:00登山開始

画像


◆歩き始めてすぐ2〜3分でトイレ有り(ここからトイレは全て有料)

画像


◆トイレ前から登って行く道

画像


◆最初の山小屋6合目の雲海荘

画像


◆7合目へ登って行く道

画像


◆新7合目の山小屋御来光山荘

画像


◆また7合目?へ登って行く道

画像


◆元祖7合目の山小屋山口山荘

画像


◆8合目へ登って行く道、上に次の山小屋が見える

画像


◆8合目の山小屋池田館

画像


◆9合目へ登って行く道、頂上が見える!

画像


◆9合目の山小屋萬年雪山荘、頂上の手前には残雪あり

画像


◆9合目から登って行く道、もう次は頂上か!?

画像


◆と思いきや9合5勺という半端なところで山小屋胸突山荘

画像


◆14:05頂上に到着!5合目から約5時間で無事登頂出来ました
このとき頂上の手前から急激な土砂降りの雨にあっていて頂上到着時の写真は無し

◆火口

画像


◆標高3776m地点剣ヶ峰

画像


◆15:05下山開始
御殿場ルートから下りて6合目から宝永山ルートで富士宮5合目へ戻ろうと思っていましたが、天候と視界が悪く道迷いすると大変なので素直に富士宮ルートで下山してきました
富士宮ルートはほとんど岩場なので、下りの場合は一歩一歩足腰への衝撃が大きく意外とハードでした

◆17:50何とか5合目へ到着
◆18:00バスで水ケ塚駐車場へ
◆18:30水ケ塚駐車場に到着
◆19:00車に乗り換え自宅へ向け出発
帰りは高速を使わず下道で、山中湖→河口湖→笛吹市→雁坂トンネル→秩父市→寄居町へ
◆23:50自宅に到着
大変疲れました&来年は須走ルートで登ろうと予定し、長い一日が終了



にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

木らく木ままに〜埼玉県寄居町の山の麓の設計事務所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる