アクセスカウンタ

木らく木ままに〜埼玉県寄居町の山の麓の設計事務所

プロフィール

ブログ名
木らく木ままに〜埼玉県寄居町の山の麓の設計事務所
ブログ紹介
〒369-1202 埼玉県大里郡寄居町桜沢727
1級建築士設計事務所 KIJIMA建築工房 

木島浩
1963.3.28生/血液B型/趣味・焚き火、犬の散歩
国産材・自然素材を活用した住まいの設計を手掛けています
薪を集めて薪を割って薪を乾燥させては薪を燃やして、四季折々の薪ストーブライフを楽しんでいます

zoom RSS

秩父市大滝三十槌の氷柱ライトアップ

2018/01/15 09:26
秩父路三大氷柱と呼ばれるうちの一つ、秩父市大滝の三十槌の氷柱を初めて見に行ってきました。(あとの二つは小鹿野町の尾ノ内百景氷柱、横瀬町のあしがくぼの氷柱)
https://navi.city.chichibu.lg.jp/p_flower/1403/
http://www.nishichichibu.or.jp/
http://www.yokoze.org/shisetsu/hyoutyuu/

ウッドルーフキャンプ場に車を停め(槌打キャンプ場にも車を停められます)、川岸に降りていくと2カ所にわたって巨大な氷柱が見えます。1つは天然の状態で出来たもの、1つは人工的に造ったものだそうです。

自然が造り出した氷の世界は幻想的で、ライトアップと、秩父の冷たい空気と、満天の星空と、川のせせらぎの音が体感的に重なることも魅力の大きな一因と感じました。

またさらに、ウッドルーフキャンプ場の店舗には、屋外に焚き火、屋内に薪ストーブがあり、冷え込んだ真冬の夜を120%満喫出来ました!

画像


画像


画像


にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


冷え込むほどに薪のありがたさを感じます

2018/01/12 08:38
今朝は随分と冷えました!
寄居では−7℃まで冷え込みました。
−3℃〜4℃位までの冷え込みは時々ありますが、−7℃となると相当な冷え込みです。
ま、それでも薪ストーブがあると、冷え込みは喜びに変わるもので、しみじみ薪のありがたみを深く感じます。

1月になって、ボチボチと薪棚の空きが目に入るようになってきました。
これからまた徐々に薪集めで貯蓄を増やしていかなければなりません。
今この冬の寒さに薪を燃やして暖をとりつつ、既に気持ちは来年再来年以降の薪に向かっています。

今現在に満足していては、薪ストーブライフに未来はありません!?

画像



にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


正真正銘“山の家”

2018/01/11 15:16
広大な山の中でのセカンドハウスの設計依頼を頂いて、現地の調査を諸々と進めながら、具体的に家を建てる場所が決まりました。

360度見渡す限り杉の木に囲われた正真正銘“山の家”とでも言えるでしょうか?

仕事と趣味との違いはありますが、以前建てた“くるみ小屋”を連想するような状況です。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/4kurumi2.htm

これから雪が積もる前に現地での確認ごとを済ませ、雪解けした春から本格的にスタートとなる予定です。

画像



にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


鐘撞堂山の元旦

2018/01/02 10:18
新年おめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

穏やかな気持ち良い日が続きますね。
元旦の朝は家族そろって鐘撞堂山に登って初日の出を拝んできました。

昨年の大晦日の晩、「明日の朝は犬を連れて鐘撞堂山まで初日の出を見に行って来るから」と一人で行くつもりで言ったら、意外にも娘が「私も行く!」、そしたら妻も「じゃあ私も」という予想外の展開になって、家族三人+犬一匹で早朝5:20に家を出て、無事鐘撞堂山頂上で初日の出を拝むことが出来ました。

鐘撞堂山は標高330mの気軽に登れる山で、頂上からの見晴らしも良く、地味ながらも地元では愛され続けている山で、初日の出には毎年2〜300人位?の人が集まります。

ちなみに同じく元旦の夕方、今度は一人でランニングで鐘撞堂山の頂上まで行ってきたのですが、その時には頂上には誰一人居なく、往復の道でも誰一人会うこともありませんでした。

今年の元旦は一日で二度、鐘撞堂山を楽しみました!?

画像




にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


丘の上の薪ストーブのある家〜上棟

2017/12/20 10:07
「丘の上の薪ストーブのある家」

先週土曜日、無事に上棟を迎えられました。

今回の現場は、道路づくりから始まり敷地の造成工事を行ってからの建築工事でしたので、着工から上棟までは約2か月半掛かりました。
工事が始まってもなかなか形が見えてこない状況でしたが、ようやく建物の骨組みが現れたことで施主Kさんも喜ばしい実感が沸いてきたものと思います。
12月は雨がほとんどないので乾燥が気になる季節ですが、現場進行的にはこれから屋根が掛かるまで雨の心配がないのはありがたいことです。

画像


〜KIJIMA建築工房では、建物の構造となる土台、柱、梁等は全て県産材を利用しています。
県産材(国産材)を利用することは、日本の森林保全の要となり、日本の気候に適することで建物の耐久性の向上につながり、社会的に見れば日本の豊かな自然が育まれ、個別的に見れば家の価値が高まることになるものと思います。


にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


薪ストーブの寿命が延びました

2017/12/17 20:13
3年前、ウチの薪ストーブ(モルソー1515)の消耗品パーツについて輸入代理店に問い合わせたところ、『1515は既に生産中止となっており、確認したところ消耗品パーツ類の在庫は国内にも本国デンマークにも全て無くなっています。もう古い機種ですのでこの機会に新しいのと入れ替えてはいかがですか?』と死刑宣告を受けていたのですが、先日、まさか、ひょっとして、なんてことは無いだろうけどダメもとで再度同じことを同じ輸入代理店に聞いてみたら『パーツ類の在庫?ありますよ』とウソみたいな返事が返ってきました。(電話で聞きながら僕はひっくり返りました)

どういういきさつがあってのことなのかはこの際さておき、モノがあるうちにと速攻で注文し、耐火煉瓦3セット、バッフルプレート2セットが無事届きました。
実際、注文してからも後になって『手違いがあって在庫はありませんでした』なんて連絡が来るのでは?とヒヤヒヤしてましたが、実物が手元に届いてやっと安心出来ました。

一度はもう先は無いと諦め、今のバッフルプレートや耐火煉瓦が駄目になったら本体を交換か?あるいはバッフルプレートや耐火煉瓦無しで使ってみるか?と憂鬱にもなっていましたが、思いもしない復活が出来ることになりました。

これであと15年以上?寿命が延びました。

画像


にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


昨日は小川和紙マラソンでした

2017/12/11 10:19
小川和紙マラソン10キロの部、完走することが出来ました。
大会に出るのは初めて、練習では7キロ位までしか走ったことがなかったので10キロを走ったのも初めて、膝がガクガクになりながらも何とか走りとおせることが出来たので、自分なりに十分満足の結果でした。

しかし、しかしですが、僕が参加したのは10キロの部。
その上にはハーフがあって、さらに上にはフルがある。
今の僕からすると、10キロがせいぜいで、ハーフは無理、フルなんてとても考えられない、そんなことも実感しました。。
それでも、、いずれは、、せめてハーフが走れるくらいまでは頑張ってみようかな?ともちょっとだけ思いました。

又今まで毎年、ふかやシティハーフマラソンと東日本実業団駅伝でのコース係員をしていることもあり、大会の雰囲気は何となくわかっているつもりだったものの、いざ自分が走る立場で参加するとまた違った雰囲気を感じるものですね〜。沿道に立つ地元の人達の声援やコース係員の人達の有難味をヒシヒシと感じました。。

画像


にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

木らく木ままに〜埼玉県寄居町の山の麓の設計事務所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる