アクセスカウンタ

木らく木ままに〜埼玉県寄居町の山の麓の設計事務所

プロフィール

ブログ名
木らく木ままに〜埼玉県寄居町の山の麓の設計事務所
ブログ紹介
〒369-1202 埼玉県大里郡寄居町桜沢727
1級建築士設計事務所 KIJIMA建築工房 

木島浩
1963.3.28生/血液B型/趣味・焚き火、犬の散歩
国産材・自然素材を活用した住まいの設計を手掛けています
薪を集めて薪を割って薪を乾燥させては薪を燃やして、四季折々の薪ストーブライフを楽しんでいます

zoom RSS

倒木の処理

2019/03/18 10:39
環境保全ボランティアで行っている倒木の処理。
写真に写っているエリアは廻りに桜の木が立ち並んでいるので、お花見シーズンを前に綺麗に片づけることが出来てスッキリしました。

花粉の飛散とともに日中はだいぶ春めいてきましたが、朝晩はまだ冷えますね。
早朝、犬の散歩をしていると霜柱や薄く張った氷をまだ目にします。
当然、まだ薪ストーブの火にお世話になっています。

陽気が暖かくなってくると生活は楽になりますが、薪ストーブの出番がなくなってくるのは寂しいものです。

よく一年の話をする例えで“盆と正月”という言い方がありますが、薪ユーザーにとっては・・・盆と正月と薪ストーブ、になるでしょうか?

画像



にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


薪ストーブの魅力と暮らし 第9話『薪ストーブの価格』

2019/03/14 16:47
薪ストーブの魅力と暮らし 第9話『薪ストーブの価格』

薪ストーブには鋳物製、鋼板製、中には石製のものもあり、サイズ、デザイン、価格は様々です。

一概には言えませんが薪ストーブ導入の平均的な初期費用としては、本体で約30〜50万、煙突で約30〜50万、工事諸経費で約20万、合計で約100万円前後が目安になるでしょうか。

軽自動車1台、電気ガス灯油のストーブなら何十台と買える値段です。

高くて馬鹿馬鹿しいと感じるか?馬鹿馬鹿しいほど素晴らしい価値や魅力を感じるか?どうでしょう?

又煙突ですが、防火の点と薪ストーブ本体の燃焼性能をフルに活かすために、高性能の断熱仕様煙突を使用する事が望ましく、その費用は薪ストーブ本体よりも高くなる事が多いです。

薪ストーブの付属品とも思える煙突ですが、考え方によっては煙突が本体であり、薪ストーブが付属品と言えるかも知れません?

*埼玉森林サポータークラブ会報誌 平成26年7月1日号掲載

画像



にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


薪ストーブシーズンから花粉シーズンへ

2019/03/13 10:15
今週からいきなり花粉症の症状がひどくなりました。
ちょっと油断もしていましたが、急激な症状の悪化には参りました。

目のかゆみ、鼻水鼻づまりがメインですが、それについては目薬、点鼻薬、ティッシュといったアイテムを使うことで何とか最低限の対処は出来ますが、一番難しいのは喉の奥のような?鼻の奥のような?ところがかゆい場合で、手も触れられないし薬もないし、正に「もどかしい」とはこういうことかと実感しています。

今年の花粉飛散量、ここ数年で断トツ一番ではないでしょうか?

画像


にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2019ふかやシティハーフマラソン

2019/02/25 10:17
昨日のふかやハーフマラソン大会
足腰はガクガクでしたが、タイムは2:15:56(制限時間は2:30)で何とか走り切ることができました。
ラスト30分位は膝がつらくてつらくて何度歩こうかと思いましたが、走り切ることを目標にしてたので『ここで歩いたら今まで走った苦労が水の泡だ』と思って踏ん張りました。

昨年までの10年間、毎年走路係員のボランティアで参加していたので、この大会そのものには馴染みはありましたが、今回初めて走る方で参加してみて今まで知り得なかったスタート&ゴール地点の賑やかな光景を見ることができました。
又道中では、走路要所要所でのボランティアの方々、沿道で声援をおくってくれる方々、走りながら本当にありがたみを感じました。

それと、少林寺拳法の道着を着て走ったので途中よく声をかけられました。
『柔道ガンバレ!』に類する声援が数十名
『空手ガンバレ!』に類する声援が数名
それらの方々には訂正して説明するのもシンドイので素直に手を振って挨拶しました。

そのほかに
『黒帯だ!何やってるの?』と聞かれたのが数名
それらの方々には『少林寺拳法!』と返しました。

また
『忍者だ!』と言われたのが約1名
訂正して説明するのもシンドイので素直に頷いて手を振っておきました。

画像



にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


小鹿野町「ようばけ」

2019/02/17 11:10
先日所用で小鹿野町へ行ったとき、初めて「ようばけ」を見学してきました。

「ようばけ」って何?

ようかい?おばけ?なにやら不気味なものかと思っていたら、1500万年前の地層が川の浸食によって露出された崖のことでした!秩父地方では崖のことをハケと言い、そこによく陽が当たる様子から「ようばけ」と呼ばれるようになったとか。

「ようばけ」は高さ100m幅400mと広大で、川岸まで下りて行って間近で見ることが出来ます。但し、落石の危険があるので川を渡って見ることはやめるように一応規制されています。

1500万年前は秩父地方は海だったそうですが(パレオパラドキシアの化石も有名です)、、、そうは聞いてもなかなか理解と想像がついていきません。。

しかし、小鹿野町にこんな凄いところがあるとは今まで全く知りませんでした。まさに地球の歴史を見た感じがしました。

画像


にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


薪ストーブ灰の放射能測定

2019/02/15 19:09
◆2019年2月12日、自宅の薪ストーブ灰の放射能測定を行いました。
*測定は小鹿野町にある「私達の未来測定所・秩父おがの」に依頼
*薪ストーブ灰の元となった薪は、2014年春に伐採して薪に割り、2019年1月まで薪小屋に保管し2月に燃やしたもの
*薪ストーブ灰との比較目的で、自宅庭の畑の土も測定しました

◆結果(セシウム数値)
*薪ストーブの灰=568ベクレル/Kg
*自宅庭の畑の土=42ベクレル/Kg
*数値はセシウム137の数値で、セシウム134はごく微量のため数値に含まれていない

◆今回の数値について測定所の方とのQ&A
Q)薪ストーブ灰を畑に撒くのはどうか?
A)薪ストーブ灰の数値は低くはないので、安全を見れば畑に撒くのは避けた方が無難
Q)薪ストーブ(灰)の中で焼き芋など焼くのは大丈夫か?
A)ホイルに包んだり灰の付着が無ければ問題ないレベル
Q)灰の溜まった薪ストーブに近づくことでの影響はあるか?
A)常時近接していたとしても問題ないレベル
Q)薪ストーブ灰を置いた部屋の室内空間線量は?
A)測定により約0.049マイクロシーベルト/h
Q)薪ストーブ灰の直近での空間線量は?
A)測定により約0.070マイクロシーベルト/h
Q)そのマイクロシーベルト数値の意味は?
A)年間被ばく量基準を1ミリシーベルトとすると0.114マイクロシーベルト/h(1000÷365日÷24h=0.114)以下であれば基準内である
Q)原発事故後、立木に付着した放射能は時間の経過とともに薄れてきていると考えてよいか?
A)立木の木肌に付着した放射能は雨風の影響で流され当初より薄れている

◆以下参考として、2014年8月11日に行った同様の測定
*測定は秩父市にある「みんなの測定所㏌秩父」に依頼
*薪ストーブ灰の元となった薪は、原発事故後に伐採して薪に割り、2014年3月まで薪小屋に保管し4月に燃やしたもの
*薪ストーブ灰との比較目的で、自宅庭の畑の土と自宅雨樋下の土も測定
<結果>
*薪ストーブの灰=1600ベクレル/Kg
*自宅庭の畑の土=45ベクレル/Kg
*自宅雨樋下の土=309ベクレル/Kg
*数値はセシウム137と134の合計(当時は134は残っていた)

画像



にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


薪ストーブ料理

2019/02/12 17:18
皆野町のムクゲ自然公園で薪ストーブ料理を堪能してきました。
調理は薪ストーブの天板と炉内で全て薪火、調理道具は鉄鍋のオンパレード。

写真は鉄鍋をテーブルに並べているようにも見えますが、これイギリス製のハンターストーブという超大型の薪ストーブの上なんです。
鉄鍋も炉内に余裕で入ります。

料理の先生はヨシコイマザトさん&うらべにさん。
メニューは鳥手羽先の塩レモン・オリーブ煮込、こねないクミンパン、蒸焼やさい、玄米の焼おにぎり、りんごのクラフティ。
薪火の力なのか?鉄鍋の力なのか?料理の先生の力なのか?普段の食生活にはない美味しさを頂きました。

PS.食べるのに夢中で出来上がりの写真は、撮り忘れました!

画像


画像


にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

◆KIJIMA建築工房 木島浩
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kijima/


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

木らく木ままに〜埼玉県寄居町の山の麓の設計事務所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる